ダンダンスラリ 副作用

ダンダンスラリに副作用の心配はないのだろうか?

 

ダンダンスラリは効果なし

 

 

 

 

結論からいますとダンダンスラリはホルモンの乱れを調整する過程ににおいて
副作用を起こすことはありません。

 

ダンダンスラリが着目しているのは肥満ホルモン・やせホルモン・成長ホルモンです。

 

 

これらのホルモンは睡眠時間の影響を受けやすく睡眠不足状態が続くと

 

食欲を増やして脂肪組織を増加させる肥満ホルモン 「グレリン」 は増加し、

 

エネルギー消費を高め食欲を抑える働きを持つ痩せホルモン 「レプチン」や
代謝を促す成長ホルモンは減少します。

 

 

このため不眠傾向にあるひとや夜ふかし気味の人は痩せにくく太りやすい体質になるというわけです。

 

 

ホルモンバランスの乱れを正すためには適切な休息が必要とされるため、
ダンダンスラリには休息をサポートするための成分が配合されています。

 


ホルモンときき女性ホルモンをイメージしなんだか怖いなと思う方もいるようですが、
ダンダンスラリにはホルモン様成分が入っているわけではないので心配いりません。

 

 

ダンダンスラリは生活習慣が乱れて寝不足気味の男性にもおすすめできるサプリなのです。

 

休息をサポートするダンダンスラリの主成分は5つ

 

  1. 酵母ペプチド(DNF-10)
  2. BCAA(分岐鎖アミノ酸)
  3. ビタミンB群
  4. GABA
  5. 穀物発酵エキス

 

ダイエットサプリの副作用について

 

ダンダンスラリを含めサプリメントは医薬品ではないので副作用の概念は当てはまりません。
ですが、食品であるためアレルギーには気をつけなければいけません。

 

アレルギー体質の方は使用前にかならずダンダンスラリの成分を確認してから飲むようにしてくださいね。

 

ダンダンスラリの全成分はこちらです。

 

酵母ペプチド(韓国製造)、マルトデキストリン、ギャバ含有乳酸菌発酵エキス、
穀物発酵エキス(小麦を含む)/セルロース、ステアリン酸Ca、二酸化ケイ素、
リン酸Ca、V.B1、ロイシン、V.B6、パントテン酸Ca、V.B2、ナイアシン、バリン、
イソロイシン、安定剤(グァーガム)、V.B12

 

 

痩せるサプリにはいろいろありそのキャッチコピーには

 

  • 飲むだけでやせる
  • ?日で?キロ体重が減った
  • あっというまに理想の体型をゲット

 

などとまことしやかに書かれています。

 

 

数あるダイエットサプリの中から自分に合うものを見つけることは大変ですが、
痩せるということの本質は摂取カロリーと消費カロリーの関係によるものです。

 

つまり、たくさん食べてもカロリーがしっかりと消費されれば太らないし、
少ししか食べなくても代謝が悪ければ脂肪として身体に蓄積していきます。

 

 

ダンダンスラリはストレスを緩和し食欲を抑えると同時に代謝を促す
非常にダイエットの本質を押さえているサプリメントなのです。

 

 

 

→副作用の心配なし!ダンダンスラリの詳細はこちら